婚活サイトのプロフィールの書き方は?魅力的なプロフィールの書き方

婚活サイトのプロフィールの書き方は?魅力的なプロフィールの書き方婚活サイトで最も重要なポイントは、プロフィールの書き方です。プロフィールとは、自分自身がどういった人物なのか、何に興味があるのか、仕事は何をしているのか、休日は何をしているのかなどを、項目ごとに作成していくものです。その際に、「仕事は営業です」「性格は明るいです」というような一言、二言のプロフィールでは、どういった人物なのかがわかりませんので、声を掛けにくくなります。

また、仮にお相手とメッセージ交換に進んだとしても、一言、二言のプロフィールでは会話を続けることができなくなりますので、必然的にお相手とのやり取りが終了してしまうことになるのです。

では、婚活サイトのプロフィールは、どのように書けば良いのでしょうか。魅力的なプロフィールの書き方や効果的な書き方、お相手からの反応を高める書き方についてまとめました。

ブライダルネットは本人確認100%!低料金で安心のSNS婚活サービス

婚活サイトのプロフィールは共通点を探すのが目的

突然ですが、あなたは誰もが振り返るような絶世の美女でしょうか?あるいは、あなたは誰もが憧れるようなかっこいいイケメンでしょうか?

もしあなたが、絶世の美女だったり、イケメンだというなら、婚活サイトのプロフィールはあまり気にしなくても良いでしょう。あなたの写真を掲載するだけで、お相手から次々と申し込みがあるはずですから、仮にプロフィールが空欄だらけでも普通にお相手を見つけることができます。

しかし、それだけの美人・イケメンなら、そもそも婚活をしなくても、何も苦労をせずにお相手を見つけることができるのではないでしょうか。

プロフィールとは、自分のことを知ってもらうために作成するものです。そして、婚活とは、お互いの共通点を探す活動でもあるのです。

共通点が多ければ多いほどカップルになりやすい

婚活をしているとわかりますが、お相手のプロフィールを閲覧して、共通点が多いお相手だと何となく嬉しいものですよね。「話しが合いそう」とか「行動が似てるかも」とイメージができますので、そういったお相手とはメッセージのやり取りをしてみたいと考えるものです。

逆に、プロフィールを見てもよくわからない場合、あまりにも趣味が偏っている場合には、何となく連絡がしにくいですよね。仮にそういったお相手から申し込みがあっても、「話が合わないだろう」「どういう人かよくわからない」ということで、お断りをしてしまうものです。

プロフィールの書き方、魅力的なプロフィールの書き方

婚活サイトでプロフィールを書く際には、丁寧にわかりやすく、具体的に作成することが重要です。また、婚活サイトに登録している会員は真剣に結婚相手を探していますので、タメ口や馴れ馴れしい口調の文章はNGです。

丁寧でわかりやすいプロフィール

一般的に文章の書き方は、あいさつから始まり、本文を作成して最後にまとめを書きます。そのため、婚活サイトのプロフィールでも、「はじめまして」から始まり、自分の性格や趣味について、仕事について作成したら、最後にどういうお相手を探しているのかを書いて、プロフィール全体をまとめます。

具体的なプロフィール

プロフィールは具体的であればあるほど、どういう人物なのかがイメージできるようになります。たとえば旅行が趣味だとすれば、「趣味は旅行です」と一言だけでは、国内旅行なのか海外旅行なのか、都会的な場所が好きなのか自然が豊かな場所が好きなのかが、全くわかりませんよね。

また、単に「美味しいものを食べるのが好きです」とか、「食べ歩きが趣味です」という書き方では、食べ物の何が好きなのかがわかりません。

プロフィールは、具体的に何が好きなのかを記載するほうがイメージがしやすくなりますので、メッセージ交換をした際にも会話を盛り上げることができるようになります。

プロフィールで絶対に書いてはダメなこと

プロフィールは、自分自身のことをお相手に知ってもらうことを目的に作成するものです。また、婚活ではお相手との共通点が多ければ多いほど、会話が盛り上がりますのでカップルになりやすいのです。

そのため、プロフィールを作成する際には、共通の話題になりそうなこと、共感しやすいことを書くと、会話を盛り上げることができるようになります。

しかし逆に、プロフィールの作成でこれだけは絶対に書いてはダメというNG項目があります。

ネガティブな話題を書く

プロフィールが、いくら自分のことを知ってもらうためと言っても、あまりにもネガティブなことを書くと「病んでいる人」「おかしな人」と思われて、逆にお相手からのメッセージや申し込みがなくなります。

たとえば、「私は小さい頃からいじめられていて、今までに何度か自殺をしようとしたこともあります」というようなプロフィールを見て、「よし!申し込みをしよう!」とは思いませんよね?

あるいは、「うつ病の持病があり、精神的にも不安定で今も病院に通っています。それでも宜しければ連絡ください」というプロフィールでは、誰も連絡をしようとは思いませんよね?

逆に、こういったプロフィールは、怖すぎて関わり合いになりたくないというのが本音ではないでしょうか。

嘘のプロフィールを書く

プロフィールは、全て正直に書くことをおすすめします。仮に嘘のプロフィールでお相手と知り合っても、ずっと嘘を付き続けていかなければなりませんので、結局いつかは嘘がバレます。

そのため、嘘のプロフィールを書いても、嘘がバレた時にはお相手と上手く行かなくなりますので、嘘のプロフィールを書くことは意味のない行為なのです。特に、年齢や年収、職業といった重要な項目で嘘があると、お相手からの信用を失いますので、プロフィールは正直に書くほうが良いのです。

年齢を非公開にする

プロフィールで最も意味不明なのが、「年齢を非公開にする」ことです。

年齢を公開したくないという気持ちはわかるのですが、結婚相手を探す婚活の場で、年齢を非公開にされると会話のしようがないですよね。

婚活サイトには、ごく稀にこういった意味不明な会員がいますが、年齢を非公開にされると、どうすることもできませんので、真剣にお相手を探しているなら年齢は公開されることをおすすめします。

プロフィールの書き方でお相手の反応が大きく違う

婚活サイトでは、お相手の情報はプロフィールで知ることになりますので、そのプロフィールが一行、二行では、お相手がどういった人なのかを知ることができないのです。また、プロフィールの情報が少ないと、仮にメッセージ交換をしたとしても、会話が続かずに、結局何も進展しないまま終了してしまうことになります。

プロフィールに本名や住んでいる住所などの個人情報を書く必要はありませんが、あまりにも情報が少なすぎると、お相手に興味を持つことすらできなくなるのです。

婚活では、プロフィールの書き方でお相手の反応が大きく異なりますので、事細かくプロフィールを書くほうが良いのです。単に文字数が多ければいいというものではありませんが、目安としては最低でも1000文字以上の自己紹介文は必要となりますので、100文字~200文字程度のプロフィールの方は、改めて見直されることをおすすめします。

累計会員数100万人突破!ユーブライドは無料でお相手を探せる婚活サイト

ブライダルネットは本人確認100%!低料金で安心のSNS婚活サービス

楽天オーネット

ユーブライド

ゼクシィ縁結び

サブコンテンツ

このページの先頭へ