婚活で「年齢より若く見られる」は逆効果?若さアピールは痛々しい?

婚活で「年齢より若く見られる」は逆効果?若さアピールは痛々しい?婚活サイトのプロフィールで、「実年齢より若く見られます」と書いている人は本当に多いですよね。中には、「10歳以上若く見られます」とか、「40代ですが、周りからは20代と言われます」というようなプロフィールもよく見かけます。

婚活でお相手を探すわけですから、歳を取っていると見られるよりも、若く見られたいということはわかります。しかし、婚活で「年齢より若く見られる」という若さアピールは、実は逆効果になっていることをご存じでしょうか。

自分自身では、若さをアピールするほうが印象が良いと考えているのかもしれませんが、逆に婚活では若さをアピールすればするほどイタイ人と思われてしまうのです。

ブライダルネットは本人確認100%!低料金で安心のSNS婚活サービス

プロフィールに「年齢より若く見られる」と書く理由は?

婚活サイトのプロフィールで、本当に多いのが「年齢より若く見られる」という若さアピールです。これは、男性でも女性でも同じですが、たとえば30代の女性が「よく20代前半に間違われます」とか、40代の男性が「見た目は若く見られることが多いです」といったプロフィールを本当によく目にします。

おそらく、自称若く見られると言っている男性は、20代の若い女性と出会いたいという狙いがあり、女性は同年代の男性と出会いたいと考えているものと思われます。

希望するお相手となかなかマッチングしない理由

これは、婚活サイトでなかなか希望どおりにマッチングしない原因の1つですが、男性は年齢が高くなればなるほど自分よりも年下で年齢の離れたお相手を希望する傾向があります。女性は、自分と同年代の男性を希望する傾向がありますので、自分の年齢の上下3歳~5歳前後のお相手を希望します。

そのため、男性も女性も年齢が高くなればなるほど「年齢より若くみられる」という若さアピールをして、希望する年齢のお相手を探そうとしているのです。

婚活に妥協は必要?妥協しないと一生結婚できない?後で後悔しない?

若さアピールをするよりも重要なこと

婚活サイトで若さをアピールするよりも重要なことは、「男性は同年代の女性を探すこと」「女性はお相手の年齢を+10歳~+15歳まで許容範囲を広げること」です。

先ほどのページでも記載していますが、男性は若い女性を希望する傾向があり、女性は同年代を希望する傾向があります。これが、婚活のミスマッチに繋がっている大きな原因です。そのため、男性は同年代の女性を探し、女性は10歳~15歳以上年上の男性を探すと、驚くほど簡単にお相手を見つけることができます。

婚活プロフィールの若さアピールは痛々しい

婚活サイトでの若さアピールは逆効果です。そもそも、周りから若く見られるというのは、単なるお世辞ですよね。お世辞を真に受けて、「いつも若く見られます」と言っていることがイタイのです。

また、若く見られるかどうかは自分自身が判断することではなく、相手が判断することとなりますので、自ら「若い」という自称若さアピールは、おかしなことを言っていることになるのです。

周りから見ると、若さアピールをしている人は「イタイ人」と見られ、それに気が付かないことも「残念な人」と思われています。

まずは自分自身を客観的に判断することが重要です。もう1度言いますが、周りが「若く見えますね」というのは、単なるお世辞です。婚活サイトで若さアピールをしていると、かなりイタイ人と思われてしまい、逆効果となりますので、婚活サイトのプロフィールでは他のことをアピールしましょう。

累計会員数100万人突破!ユーブライドは無料でお相手を探せる婚活サイト

ブライダルネットは本人確認100%!低料金で安心のSNS婚活サービス

楽天オーネット

ユーブライド

ゼクシィ縁結び

サブコンテンツ

このページの先頭へ