ユーブライドの長期会員を見分けるには?活動歴や登録時期を調べるには?

ユーブライドyoubride(ユーブライド)で婚活をする際に、お相手がいつ頃から活動しているのか気になりますよね。

たとえば、やり取りをしているお相手がユーブライドに登録して3ヶ月以内ということであれば、そのお相手が登録して間もない新規会員であることがわかります。

逆に、お相手が2年前~3年前の登録、あるいは4年前~5年前に登録した会員であれば、長期間に渡って活動している長期会員ということがわかります。

では、ユーブライドで長期会員を見分けるにはどうすれば良いのでしょうか。お相手の活動歴や登録時期を調べる方法についてまとめました。

累計会員数100万人突破!ユーブライドは無料でお相手を探せる婚活サイト

ユーブライドの長期会員を見分けるには?

ユーブライドの長期会員を見分けるには?ユーブライドで長期会員を見分けるには、会員ごとのIDを確認することで長期会員かどうかがわかります。

ユーブライドは、有料・無料に関係なく新規で会員登録を行うと、会員ごとに個別のIDが振り分けられます。また、ユーブライドの会員IDは順番に付与される仕組みとなっていますので、会員IDを確認することで、おおよその登録した時期がわかるのです。

たとえば、2018年8月にユーブライドに登録した会員は、会員IDが1870000~1880000です。2018年に登録した会員は、おおむね1700000の後半~1800000の前半が会員IDとなります。

ユーブライドの会員IDの確認方法

ユーブライドの会員IDは、お相手のプロフィールページのURLに記載されています。

ユーブライドのプロフィールURLは、「https://youbride.jp/member/0000000/」というように、URLの最後が会員IDとなっています。そのため、お相手のプロフィールを開いてURLを確認すると、そのお相手の活動歴や登録時期がわかるようになります。

また、ユーブライドのマイ設定から、お知らせメールを受信する設定にすることで、お相手から足あとやいいねがあった場合、メッセージがあった場合やマッチングした場合にお知らせが届きます。

ユーブライドから届くお知らせメールには、お相手のプロフィールのURLが記載されていますので、お知らせメールを受信することで、長期会員からのいいねなのか、登録して間もない会員からのいいねなのかがすぐにわかるようになります。

自分の会員IDの確認方法

自分自身の会員IDを確認するには、ユーブライドにログイン後、プロフィール確認をクリックして自分のプロフィールを表示することで、いつでも確認することができます。

ユーブライドは、お相手のプロフィールを表示する場合はもちろん、自分自身のプロフィールを表示する場合にも、会員IDが表示される仕組みです。

ユーブライドの活動歴や登録時期を調べるには?

ユーブライドの活動歴や登録時期を調べるには?ユーブライドの活動歴や登録時期を調べるには、会員のIDを確認することで、おおよその登録時期を調べることができます。

たとえば、2015年に登録した会員なら、会員IDは1200000~1300000番台になります。2016年の登録なら1300000~1500000番台、2017年の登録は1500000~1700000番台、2018年の登録なら1700000~1800000番台です。

また、2013年~2014年以前に登録した会員は、会員IDの桁が異なるようになります。今現在ユーブライドに会員登録を行うと会員IDは7桁となりますが、4年~5年以上前に登録している会員は、会員IDが5桁、あるいは6桁の会員IDというケースもあります。

ユーブライドの登録時期の目安

2013年~2014年以前に登録した会員:3桁、4桁、5桁、6桁の会員ID
2015年に登録した会員:会員IDが1200000~1300000番台
2016年に登録した会員:会員IDが1300000~1500000番台
2017年に登録した会員:会員IDが1500000~1700000番台
2018年に登録した会員:会員IDが1700000~1800000番台

ユーブライドの活動歴の目安

会員IDが3桁~4桁、5桁~6桁の場合:活動歴が4年~5年以上
会員IDが1200000~1300000番台:活動歴3年程度
会員IDが1300000~1500000番台:活動歴2年以上
会員IDが1500000~1700000番台:活動歴1年以上
会員IDが1700000~1800000番台:活動歴1年未満

退会後の再登録で会員IDが新しくなる

退会後の再登録で会員IDが新しくなるユーブライドは、登録した順番に会員IDが付与される仕組みの婚活サイトとなりますので、お相手のプロフィールのURLを確認することで、そのお相手がいつ頃からユーブライドを使っているのかがわかります。

また、ユーブライドから届くお知らせメールにもお相手のプロフィールURLが記載されていますので、URLのID(数字)を見ることで、そのお相手の活動歴を把握することが可能です。

ただし、ユーブライドはいつでも退会をすることができますので、退会した会員の履歴については調べることができません。

そのため、ユーブライドを退会後、新たに再登録をした場合には、新しいIDが付与されるようになりますので、正確な活動歴を確認することができなくなります。

会員IDによる活動歴は、あくまでも退会せずに継続利用している会員のみ確認することができる方法となりますので、この点は注意が必要です。

長期会員は地雷率が高い?

長期会員は地雷率が高い?一般的に結婚相談所や婚活サイトの活動期間は、平均で6ヶ月~1年程度と言われています。また、長くても2年~3年程度とされていますので、婚活が4年~5年、あるいは活動が5年以上という方は、かなりの長期会員となります。

婚活では、長期会員は敬遠される傾向があります。特に4年~5年以上の活動歴となると、「理想が高すぎるのでは?」「何か欠点がある人なの?」「性格に問題がある?」「何か特殊な趣味を持っている?」「ヤバい人なのかも?」と思われてしまうことが多いのです。

しかも、婚活が長期化すると、うつ病のような状態に陥る方もいますので、長期会員は地雷率が高いと考えられているのです。

ユーブライドは、プロフィールのID(数字)を見ることで、おおよその登録時期がわかる婚活サイトです。長期会員だからダメというわけではありませんが、お相手の活動歴が気になるという方は、改めてチェックされることをおすすめします。

累計会員数100万人突破!ユーブライドは無料でお相手を探せる婚活サイト

楽天オーネット

ユーブライド

ゼクシィ縁結び

サブコンテンツ

このページの先頭へ