婚活サイトの年収は嘘ばかり?ハイスペック男性に騙されない方法とは?

婚活サイトの年収は嘘ばかり?ハイスペック男性に騙されない方法とは?婚活サイトの年収1,000万円以上のハイスペックな男性のプロフィールが、はたして本当なのか疑問に思われたことはないでしょうか。

婚活サイトに登録してお相手の写真やプロフィールを見ると、モデルさんみたいなスタイルの爽やかなかっこいい男性に遭遇することがあります。

しかも、有名大学を卒業して一流企業に勤めている年収1,000万円以上のハイスペックなイケメンです。男性によっては、大学を卒業後、起業して会社を経営しているイケメンも多いですよね。

でも、男性のプロフィールが本当なのか、記載されている年収は正しいのか怪しいと思われている女性も多いのではないでしょうか。

会員数85万人突破!理想のお相手と出会えるゼクシィのネット婚活サービス

婚活サイトのプロフィールの年収は嘘ばかり?

婚活サイトのプロフィールの年収は嘘ばかり?婚活サイトに登録している男性の年収は本当に正しいのか疑問に思われている方は多いと思います。

結論から言えば、婚活サイトに登録している男性の多くが「嘘の年収を記載している」ことになります。特に20代~30代で年収1,000万円以上を稼ぐとなると、誰もが知っている大手企業に勤めているエリート男性か、あるいはフルコミッションや完全歩合制のやり手の営業マンと考えられます。

その他、起業・独立して会社経営で成功した場合に年収が1,000万円を超えることになりますので、ごく普通の仕事をしている会社員では年収1,000万円以上を稼ぐことは不可能に近いと言えます。

20代~30代は医者・弁護士でも年収1,000万円は厳しい

高収入の職業として有名な「医師」「弁護士」でも、20代~30代では年収1,000万円に届かないことが予想されます。独立して事業が成功すれば年収1,000万円以上も考えられますが、勤務医や雇われの弁護士では年収1,000万円は厳しいでしょう。

特に20代~30代前半は研修期間・見習い期間となりますので、医師や弁護士は30代後半~40代以降に年収1,000万円を超えるイメージとなります。

日本人男性の年齢別の年収推移は?20代、30代、40代の平均年収は?

日本人男性の年齢別の年収推移は?20代、30代、40代の平均年収は?国税庁の統計調査では、年収1,000万円以上を稼いでいる日本人男性の割合は全体の4%ほどです。

年代別では、20代男性で年収1,000万円以上を稼いでいる割合は0.1%~0.2%、30代男性の年収1,000万円以上の割合は0.3%~0.5%、40代男性の年収1,000万円以上の割合は1%~1.5%前後です。

国税庁の調査結果から、20代~30代で年収1,000万円以上を稼ぐ男性は、ほぼ存在しないということがわかります。

年収が最も高いのは50代

一般的に年収は年齢に応じて増加していくものとなります。

そのため、10代~20代の男性は年収が低く、30代、40代、50代と年齢が上がるにつれて年収が高くなっていく流れです。また、60歳以降は定年退職となりますので、50代をピークに60代、70代、80代と、高齢になるほど年収が下がっていく傾向があります。

年収1,000万円以上を稼いでいる男性の割合

20代で年収1,000万円以上を稼ぐ人は、1,000人の一般男性のうち、1人~2人いるかどうかのレベルです。30代でも1,000人の一般男性のうち、年収1,000万円以上を稼ぐ人は3人~5人ほどです。

40代の男性でも年収1,000万円以上を稼ぐ人は100人に1人いるかどうかというほど、かなり少ない人数となります。

年収600万円以上の男性の割合

年収600万円以上の男性の割合は、全体でも20%前後です。

20代男性で年収600万円以上の割合は1%~2%前後、30代男性で年収600万円以上の割合は10%~15%、40代男性では20%~30%となります。

年収600万円ということでも、20代で年収が600万円以上の男性は非常に少ない傾向があります。30代~40代でも10人に1人~2人程度となりますので、年収600万円を稼ぐ男性と結婚することは非常に難しいのです。

婚活サイトの年収は嘘を付くのが当たり前

婚活サイトの年収は嘘を付くのが当たり前婚活サイトで記載する年収は自己申告です。そのため、プロフィールに記載する年収は、実際の年収よりも100万円~200万円を上乗せして記載することが普通です。

男性によっては、実際の年収が300万円なのに年収600万円以上に変更したり、実際の年収が400万円なのにプロフィールの年収を1,000万円以上にすることもあります。

特に、婚活男性は平均よりも高い「年収600万円以上」にする傾向がありますので、収入証明書類が提出されていない年収は嘘だと考えておくほうが良いでしょう。

婚活サイトの年収を鵜呑みにするのは非常に危険

婚活サイトに登録している男性のほとんどが、特に悪びれることもなく、ごく普通に年収を盛っていますので、プロフィールに記載されている年収をそのまま鵜呑みにすることは非常に危険です。

万が一、プロフィールに記載されている年収を鵜呑みにした場合は、お相手の男性に100%騙されると思っておいてください。それほど、男性のプロフィールの年収はあてにならないのです。

高収入のハイスペック男子に騙されない方法は?

高収入のハイスペック男子に騙されない方法は?高収入のハイスペック男子に騙されない方法は、収入証明書を提出しているかどうかを確認することです。

収入証明書とは、確定申告書、源泉徴収票、納税証明書などの自分自身の年収を証明する書類となりますが、婚活サイトによっては収入証明書類を提出することができる婚活サイトがあります。

また、結婚相談所は男性も女性も収入証明書の提出が必須となりますので、年収を重視したいという方は会員数が最も多い結婚相談所の楽天オーネットがおすすめです。

収入証明書が提出できる婚活サイト、提出できない婚活サイト

結婚相談所は収入証明書の提出が必須ですが、婚活サイトでは収入証明書の提出は任意です。そのため、婚活サイトに登録している男性の多くが収入証明書を提出せずに活動しているのが現状です。

また、婚活サイトによっては、そもそも収入証明書の提出を受け付けていない婚活サイトもありますので、受付をしていない婚活サイトではお相手の男性の年収を確認することができません。

収入証明書が提出できる婚活サイトは?年収重視のおすすめ婚活サイトは?

収入証明書が提出できるおすすめの婚活サイトは?

お相手の男性の年収を確認することができるおすすめの婚活サイトなら、ユーブライドゼクシィ縁結びになります。

ユーブライドとゼクシィ縁結びは、収入証明書類を提出できる婚活サイトです。また、ユーブライドとゼクシィ縁結びは登録している会員数が多く、結婚に対して真剣に活動している会員が多い婚活サイトです。

収入証明書が提出されている会員とやり取りを行うことで、安心してお相手と話を進めることができるようになります。

逆に、収入証明書が提出できない婚活サイトは、ヤリ目や浮気・遊びが目的で登録している会員が多くなりますので、婚活サイトを利用する場合は収入証明書や卒業証明書などの各種証明書類が提出できる婚活サイトがおすすめです。

累計会員数100万人突破!ユーブライドは無料でお相手を探せる婚活サイト

会員数85万人突破!理想のお相手と出会えるゼクシィのネット婚活サービス

楽天オーネット

ユーブライド

ゼクシィ縁結び

サブコンテンツ

このページの先頭へ