飲酒は婚活に不利?本気で結婚したいならお酒はやめるべき?

飲酒は婚活に不利?本気で結婚したいならお酒はやめるべき?社会人になると、仕事の付き合いでお酒を飲むことが多くなります。最近は、職場の飲み会(飲みニュケーション)には一切参加しないという人も増えているようですが、仕事を円滑に進めるためには、ある程度は飲み会に参加することも必要と言えるでしょう。

また、最近では婚活居酒屋・相席屋(出会い居酒屋)が非常に人気がありますので、全くお酒が飲めないというよりは、多少でもお酒が飲めるほうが、出会いのチャンスが広がる可能性もあります。

では、婚活ではお酒が飲めるほうがモテるのでしょうか。逆に、お酒が飲めない人のほうが好まれるのでしょうか。婚活を行う上で、飲酒が不利になるのか、有利なのかをまとめました。

ブライダルネットは本人確認100%!低料金で安心のSNS婚活サービス

飲酒は婚活に不利?お酒は飲めるほうがいい?

婚活において飲酒が不利になるかどうかは、一般的には飲酒をすることによって婚活が不利になることは、ほとんど考えにくいと言えます。当然ですが、社会人ともなればお酒を飲む機会も増えますので、全くお酒が飲めないという人よりは、多少はお酒が飲める人のほうが好印象となります。

タバコの場合は臭いが苦手という人が多く、健康を害するものというイメージもありますので、婚活市場ではタバコを吸う人は、かなりのマイナスとなりますが、たしなむ程度の飲酒であればプラスになると考えられます。

どの程度の量のお酒を飲むのか?

ただ、好印象となる飲酒は、その場の空気を壊さない程度の飲酒という意味になりますので、どの程度の量を飲むのかによっても、その後の印象が大きく異なるようになります。

たとえば、毎日必ずお酒を飲むという人、毎晩のように大量のアルコールを飲むという人は、婚活ではかなりのマイナスになることが予想されます。仮に、ビールなら350mlを1本程度、日本酒なら1合程度ということなら、婚活でマイナスになることはないでしょう。

しかし、毎日ビールを3本~5本以上、あるいは日本酒を2合~3合以上も飲むとなると、毎日かなりの出費になりますし、健康を害することにも繋がります。

お酒は、全く飲まない人よりも、適量を飲む人のほうが死亡率が低いというデータもありますので、適量の飲酒であれば、婚活にほとんど影響はないと言えるでしょう。

婚活サイトのプロフィール欄は「付き合い程度」

婚活において、飲酒はそれほど大きなマイナスになるものではありません。逆に全くお酒が飲めないとなると、「付き合いが悪い人」「面白みがない人」と思われることもあります。そのため、婚活では全くお酒が飲めないよりは、多少でもお酒が飲めるほうが、その場の空気を壊さずに、円滑に婚活を進めることができます。

ただ、結婚相談所や婚活サイトのプロフィールに飲酒について記載する場合には、「頻繁にお酒を飲む」「毎日お酒を飲む」ではなく、あくまでも飲酒は「たしなむ程度」「付き合い程度」とすることが重要です。特にプロフィール欄は、お相手を選別するためのものとなりますので、足切りにならないためにもプロフィール欄は付き合い程度とするほうが良いでしょう。

飲酒をするなら最低限のマナーは必要

飲酒はマイナスにならないと言っても、最低限のマナーやルールを守らなければなりません。たとえば、婚活でまだ数回しか会ったことがないお相手と食事をする際に、あまりにも大量のお酒を飲む行為は、相手からドン引きされる可能性があります。また、話の流れでお酒の話題になった時に、毎日かなりの量を飲むことを自慢げに伝える行為も、ドン引きされる傾向にあります。

相手と親しくなった後ならわかりますが、最初の段階で大量のお酒を飲むことは、絶対に控えなければなりません。酔っぱらって相手に絡むのは最低な行為となりますので、節度を持ってお酒を飲むことが重要です。

タバコとは違い、お酒を飲むことは、それほど大きなマイナスにはなりません。逆に付き合い程度の飲酒、節度を持った飲酒であれば、全く飲めない人よりもお相手に好印象を与えることができます。

しかし、飲酒が毎日の習慣になっている人は、お酒の量を減らすことが重要です。特に婚活では、大量にお酒を飲む人は嫌われる傾向にありますので、男性でも女性でも毎日お酒を飲んでいるという人は、週に2日は休肝日を取るなどの工夫が必要でしょう。

ブライダルネットは本人確認100%!低料金で安心のSNS婚活サービス

無料の結婚力診断!楽天オーネットであなたの結婚レベル・結婚力をチェック

楽天オーネット

ユーブライド

ゼクシィ縁結び

サブコンテンツ

このページの先頭へ