30歳を過ぎて親と同居・実家暮らしは敬遠する?結婚相手には無理?

30歳を過ぎて親と同居・実家暮らしは敬遠する?結婚相手には無理?婚活をしていると、親と同居をしている実家暮らしの方とやり取りをすることがあります。10代~20代前半であれば、実家暮らしでもそれほど違和感はありませんが、20代後半~30代、あるいは30代~40代で親と同居をしていると聞くと、ちょっと引いてしまいますよね。

特に30歳を過ぎて、未だに実家暮らしをしているというのは、「自立できていないのではないか」「甘えているのではないか」「家事ができないのではないか」と思われてしまうのです。

では、30歳を過ぎて親と同居している相手との結婚はどうなのでしょうか。結婚相手として、実家で暮らしているお相手はどうなのでしょうか。

ブライダルネットは本人確認100%!低料金で安心のSNS婚活サービス

30歳を過ぎて親と同居している相手はどう?

高校や専門学校、大学を卒業後、就職して社会人になり給料をもらうようになると、実家を出て自立するのが一般的です。逆に、就職もせず、ろくに働きもしないことを「ニート」と呼びます。

また、子供が学校を卒業して働き始めたら、親としての責任を果たしたことになりますので、いつまでも親の元で生活をするというのは、ある意味おかしなことなのです。

男性が30歳を過ぎて親と同居している場合

男性は、自立した生活をするためにも、学生の頃から一人暮らしをしているという男性も多く、仮に在学中は実家暮らしだとしても、学校を卒業したら一人暮らしをするのが一般的です。そのため、男性が30歳を過ぎても親と同居しているとなると、かなり気持ちが悪いというのが正直なところです。

何かしら事情があって、一時的に実家に戻っているということであれば、まだわかるのですが、今までに1度も一人暮らしをしたことがないというような男性は、女性から敬遠される傾向にあります。

特に男性は、結婚後は一家の主(世帯主)となるわけですから、いつまでも親に頼って生活をしている男性は、結婚対象としては厳しいですよね。また、実家で暮らしている男性はマザコンの傾向もありますので、結婚後は嫁姑問題が起こる可能性が高いのです。

女性が30歳を過ぎて親と同居している場合

女性の場合、結婚をするまで親と同居しているケースもありますので、男性に比べるとそれほど敬遠されるということはありません。ただし、女性の実家暮らしは、10代~20代前半までです。どれだけ長くても20代までが親との同居に対する許容範囲となります。

現在は晩婚化ということもあり、30代の未婚女性が増えていますが、男性側からすれば30歳以上で実家暮らしと聞くと、完全な地雷女と判断します。

実家暮らしの女性は、親が全てやってくれるというイメージがありますので、30歳を過ぎて実家暮らしだと「家事ができない」「料理を作らない」と思われてしまうのです。たとえ、毎日家事をしている、毎日料理を作っているとしても、30歳を過ぎた実家暮らしの女性は敬遠される傾向があるのです。

30歳を過ぎて実家暮らしの相手とは結婚は絶対無理!?

30歳を過ぎて実家暮らしと聞けば、おそらくほぼ全ての方が「気持ち悪い」と思うのではないでしょうか。

これは、男性だからとか、女性だからという問題ではありません。男性でも女性でも、30歳を過ぎて未だに実家で生活をしているとなれば、「気持ちが悪い」と思われても仕方がないのです。

さらに言えば、30歳を過ぎている子供に対して、両親が「いい加減、一人暮らしをしろ」「自立しろ」と言えないということも気持ちが悪いのです。

30歳を過ぎて実家暮らしは気持ちが悪い

30歳を過ぎても実家で生活をしているのは、当然子供にも責任はありますが、親にも責任があります。要は、大人になっても一人暮らしができないということは、子供を甘やかして過保護に育てているのです。

実家にいれば節約できるとか、お金を貯めたいとか、長男だからとか、田舎だからと言い訳をする人もいますが、これらは全く関係がありません。単に親に甘えて、いつまで経っても自立できていないだけなのです。だから、30歳を過ぎても未だに実家暮らしの人は「気持ちが悪い」のです。

婚活において「実家暮らし」はマイナスポイントでしかありません。特に30歳を過ぎて親と同居しているとなると、お相手を探すのが困難となりますので、早めに一人暮らしを始められることをおすすめします。

ブライダルネットは本人確認100%!低料金で安心のSNS婚活サービス

無料の結婚力診断!楽天オーネットであなたの結婚レベル・結婚力をチェック

楽天オーネット

ユーブライド

ゼクシィ縁結び

サブコンテンツ

このページの先頭へ