ケチな男性は嫌われる?ケチな男のほうが結婚には向いている?

ケチな男性は嫌われる?ケチな男のほうが結婚には向いている?婚活で知り合った男性が、あまりにもケチでドン引きしたという女性も多いのではないでしょうか。たとえば、一緒に食事をした際に1円単位できっちり割り勘にするとか、低価格の安いお店や食べ放題に連れて行かれるとか、クーポンを使った割引やポイントカードでポイントを貯めている男性もいますね。

男性側からすれば、いつも奢ってばかりでは金銭的な負担が大きいと考えがちですが、女性からするとせっかくのデートなのに、お金のことばかり心配されるとガッカリしますよね。

では、ケチな男性は、やはり嫌われてしまうのでしょうか。結婚相手としては、ケチな男性のほうが良いのでしょうか。

累計会員数100万人突破!ユーブライドは無料でお相手を探せる婚活サイト

ケチな男性は嫌われる?

一般的に、ケチな男性は嫌われる傾向があります。ケチとは、「お金に細かい」「お金に汚い」「お金にがめつい」という意味でもありますので、ケチな男性は女性に嫌われることが多いのです。

特に婚活のように、全くの見ず知らずの男女がデートをする場合、あまりにもケチな男性だと、せっかくのデートが台無しですよね。それに、お金のことばかり考えながらデートをしても楽しくないですし、値段ばかり気にしながら買い物をしても良い買い物はできないですよね。

40代以上の男性は奢る派、10代~20代は割り勘派

一般的に、デートをする際には「男性が多くお金を出すもの」「男性が奢るもの」と考えている方が多いのではないでしょうか。最近では、平等に割り勘にするという男女が増えていますが、少し前までは「男性が奢るのが当たり前」「男性が出すのが普通」という時代でした。逆に男性がお金を出さないと、ものすごくカッコ悪いと考えられていましたので、未だに男子側がお金を出すと考える人が多いのです。

特に40代以上の男性は、「男がお金を出すのは当然」という方が多く、逆に10代~20代の男性は、「なんで男が多くお金を出さなければならないの?」「デートはお互いに楽しむものだから平等に割り勘にしよう」という方が多くなっています。

ケチな男性が増えたのは景気のせい?

デート代を割り勘にする、デート代をケチるというのは、景気が悪くなっていることも原因と言えます。

厚生労働省の統計では、現在の専業主婦家庭は700万世帯で、共働きの家庭は1,000万世帯を超えています。しかし、30年~40年前は専業主婦世帯が1,000万世帯以上で、共働き世帯が600万世帯だったのです。

これらのデータを見ると、現在は女性の方が働きやすい時代になったとも言えますが、逆に男性側の収入が少なくなったとも言えるのです。男性側の収入が少なくなったために、女性は結婚後も仕事を続けざるを得ないということが、専業主婦家庭と共働き家庭の世帯数が逆転している理由です。

景気が悪くなると、必然的に「出来るだけお金を使わないようにしよう」と考えるようになりますので、昔よりもケチな男性が増えていると言えるでしょう。

節約とケチは全く違う

ケチというとお金を使わない人となりますので、節約をしている人と思われるかもしれませんが、ケチと節約は全く違います。

節約とは、「無駄なお金を使わないこと(無駄使いをしないこと)」となりますが、言い換えれば必要なものにはお金を使うという意味になります。しかし、ケチは必要なことにもお金を使わない人となりますので、ケチと節約は全く異なるものなのです。

また、ケチというのは性格的なもので、その人の人間性でもありますので、そう簡単に直せるものではありません。女性によっては、ケチな人のほうが良いという女性もいますが、ほとんどの女性はケチな男性を嫌う傾向にありますので、デートの時はあまり細かいことは気にせず、思いっきり楽しむほうが好かれるのです。

ケチな男性のほうが結婚には向いている?

「ケチ」という言葉は、あまり良い言葉ではありませんよね。一般的には「ケチ」というと悪いイメージになる言葉です。しかし、「ケチ=お金を使わない人」と考えれば、ケチな男性というのは、お金の無駄使いをしない堅実な男性とも言えます。

結婚は、共同で生活をするものとなりますので、全く節約をせずにお金をバンバン使うような相手だと、かなり苦労をしますよね。それだけの収入があれば良いのですが、普通の会社員や公務員の男性がバンバンお金を使っていたら、すぐに家計が破綻してしまうことになります。そのため、ほとんどお金を使わないケチな男と、お金をバンバン使う浪費家では、ケチな男性のほうが結婚には向いていると考えられます。

ただこれは、あまりにも極端な例となりますので、一般的にはケチな男性は結婚には向いていないと思ったほうが良いでしょう。

ケチな男性と結婚したら苦労する?

ケチな男性と結婚をすると、非常にツラい結婚生活になります。そもそもお金とは、生活を豊かにするために使うものとなりますので、お金を使わない生活は心まで貧しくなります。

また、私たち人間が生活していくには、周りと協力すること、周りに合わせることが必要になります。たとえば、お世話になった方へのプレゼントを選ぶ際に、物の値段でプレゼントを決めるとなると、相手に失礼ですよね。

社会人であれば、仕事上の付き合いで食事会や飲み会などに参加することもありますし、職場の部下や後輩を誘って飲みに行くこともあるでしょう。その際に、お金がもったいないから参加しないとか、部下や後輩にも奢らないとか、1円単位で割り勘にするとなると、仕事にも大きな影響が出ることが予想されます。

一般的にも、お金に細かい人、お金に汚い人は敬遠される傾向があります。ケチな男性と結婚すると、毎日のようにお金のことで言い争いをすることにも繋がりますので、婚活ではケチな男性は出来る限り避けたほうが良いでしょう。

ブライダルネットは本人確認100%!低料金で安心のSNS婚活サービス

累計会員数100万人突破!ユーブライドは無料でお相手を探せる婚活サイト

楽天オーネット

ユーブライド

ゼクシィ縁結び

サブコンテンツ

このページの先頭へ