婚活で妥協すべきポイントは?年齢?見た目?年収?性格・価値観?

婚活で妥協すべきポイントは?年齢?見た目?年収?価値観・性格?「結婚相手に妥協はしたくない」「婚活で妥協するのは嫌だ」と言っても、いざ婚活をしてみると、希望する条件のお相手にはことごとく断られ、条件が合わないお相手からしかアプローチがないというのが現実です。

特に男性は35歳、女性は30歳を過ぎてしまうと、急激に婚活市場での価値が下がりますので、20代の頃と同じように活動していると、一向にお相手に出会うことができず、未婚のまま40歳を迎えることになるのです。

では、婚活で妥協すべきポイントは何でしょうか。年齢や見た目、年収や価値観・性格など、どの項目を妥協するのが良いのでしょうか。

無料の結婚力診断!楽天オーネットであなたの結婚レベル・結婚力をチェック

そもそも婚活で妥協は必要?

そもそも、婚活で妥協は必要なの?と思われている方も多いのですが、はっきり言います。本気で結婚をしたいと考えているなら、当然ですが妥協は必要です。

芸能人や一流モデル、プロスポーツ選手などのごく一部の方であれば、妥協せずにお相手を見つけることもできるかもしれませんが、ごく普通の一般人が婚活で一切妥協せずに結婚するということは現実的に不可能です。

また、妥協という言葉が悪いですが、妥協とはお相手との歩み寄りです。常識的に考えても、一切の歩み寄りがなく、一方的に自分が望むことだけを相手に押し付けることはできませんよね。

「妥協するくらいなら結婚しなくても良い」という信念や覚悟を持っているなら別ですが、結婚とはお相手との「歩み寄り」「すり合わせ」ですから、妥協無しで結婚することは不可能なのです。

婚活に妥協は必要?妥協しないと一生結婚できない?後で後悔しない?

婚活で妥協すべきポイントは?

婚活で重要なポイントは、主に「年齢(年齢差)」「容姿(見た目)」「年収(収入面)」「性格・価値観」の4つになりますが、婚活で妥協するポイントは何を重視するのかによって異なります。

また、妥協できるポイント、妥協できないポイントは、人それぞれ異なりますので、一概に「この項目を妥協したほうがいい」「この項目は妥協しないとダメ」とは決めることができないものです。

お相手に対して何を求めるのか、何を望んでいるのかを再確認することが重要です。

年齢・年齢差を妥協する

妥協するポイントで最も有効なのが「年齢」です。一般的に、男性は自分よりも若い女性を希望する傾向が強く、女性は同年代を希望する傾向があります。

たとえば、30代の男性がお相手に求める年齢層は主に20代女性となりますが、30代の女性が求めるお相手の年齢層は、主に同世代となる30代男性です。たとえば、40代の男性は20代~30代前半の女性を希望しますが、40代の女性は40代の男性を希望する傾向があるのです。

そのため、婚活市場では男性側がお相手に求める年齢層と、女性側がお相手に求める年齢層のミスマッチが起こっており、男性・女性共にすれ違いが生じているのが現状なのです。

そこで、婚活男性は若い女性ばかりをターゲットにするのではなく、「自分の年齢+3歳」、又は「自分の年齢+5歳」を条件に加えると、かなり出会いの幅が広がります。仮にあなたが35歳の男性なら、20歳~39歳を希望年齢にする、あるいは25歳~40歳までを希望年齢にするという意味です。

婚活女性は、同年代の男性ばかりをターゲットにするのではなく、「自分の年齢+10歳」「自分の年齢+15歳」を条件に加えます。仮にあなたが32歳の女性なら、30歳~42歳を希望年齢にする、あるいは30歳~45歳までを希望年齢にするという意味です。35歳以下の女性なら、30代だけではなく40代の男性もターゲットに加えることで、非常に幅広く活動することができるようになるのです。

見た目・容姿を妥協する

美人は3日で飽きる、ブスは3日で慣れるとよく言いますが、まさに婚活においてお相手の容姿(見た目)は、あまり重要視すべきではないポイントです。

確かに、知り合ったばかりの頃は、見た目がタイプの異性のほうが楽しくデートをすることができますし、毎日ウキウキ・ワクワクな時間を過ごすことができるでしょう。

しかし、婚活は単にお付き合いをするだけのお相手を探すのではなく、結婚するお相手を探すわけですから、どれだけ見た目が良くても、時間の経過と共に慣れてきますよね。これが「美人は3日で飽きる」と言われる所以です。

また、結婚相手という意味でも、見た目は良いが仕事もせずに毎日飲んだくれてギャンブルばかりのお相手と、見た目は悪いが真面目にコツコツと仕事を頑張る優しいお相手では、真面目で優しいタイプのお相手を選ぶほうが、幸せな結婚生活を送ることができそうですよね。

仮に、毎日ギャンブルばかりのお相手を選んでしまったら、その後、破滅的な生活になることが予想できます。もしかすると、「破滅的な人生のほうがスリリングで楽しい」という方もいるのかもしれませんが、幸せな結婚生活ということなら、お相手の容姿・見た目にはあまり拘らないほうが良いでしょう。

年収(収入面)を妥協する

お相手の収入面を妥協することも、より多くの出会いを作るポイントです。特に現在は、日本国内の景気があまり良くありませんので、「お相手は年収1000万円以上じゃないとダメ」とか、「最低でも年収800万円以上を希望」となると、かなり厳しくなります。

そもそも、年収1000万円を超える男性は、全体のホンの数%です。結婚適齢期の30代で、尚且つ独身男性に限れば、年収1000万円以上の男性はおそらく1%以下になるのではないでしょうか。しかも、独身男性は若い女性を好む傾向がありますので、容姿端麗な20代女性でなければ、年収1000万円を超える独身男性をゲットすることは非常に難しいのです。

そのため、より多くの出会いを増やすという意味では、お相手の収入面は「年収400万円以上」にされることをおすすめします。仮にお相手の年収が400万円であっても、あなたの年収をプラスすれば世帯年収は700万円~800万円にはなるはずです。世帯年収で700万円~800万円なら、ごく普通に生活することができる水準ですから、お相手の年収が400万円でも、正社員として真面目に働いているなら特に問題はないのです。

ただし、共働きではなく専業主婦を希望している女性は、最低でも年収500万円~年収600万円以上の男性を探す必要があります。

あなたが専業主婦になるということは、結婚後は男性側の収入のみで生活をするようになりますので、年収500万円以下の男性では、結婚後の生活がかなり厳しくなることが予想されます。あなた自身がパートで働く、あるいは空いた時間を使って副業をするなどの工夫も必要になるでしょう。

性格・価値観を妥協する

結婚後の生活を考えると、性格・価値観は妥協しないほうが良いでしょう。性格・価値観とは、たとえば食べ物の好みが同じとか、笑いのツボが似ているとか、趣味が同じ、考え方が似ているというように内面的なこととなりますが、性格・価値観が似ているお相手や近いお相手のほうが、一緒に生活をする上では楽しいですよね。

逆に、食べ物の好みが合わない、趣味が全く違う、話がかみ合わないようなお相手だと、どれだけ見た目がタイプでも、どれだけ年収が高くても、結婚生活を続けていくことが難しくなります。そのため、性格・価値観は妥協せず、仮に妥協をするのであれば、他の項目を妥協するほうが良いでしょう。

婚活で最も妥協すべきポイントは?

婚活において、最も妥協すべきポイントは「お相手の年齢」になるでしょう。仮に、お相手の年齢を妥協することができれば、かなり幅広く活動することができます。極論で言えば、年齢さえ妥協できれば、お相手が見つからないとか、結婚できないという悩みを一気に解決することができるようになるのです。

たとえば、お相手に希望している年齢を+5歳、あるいは+10歳、+15歳にするだけでも、結婚できる可能性は飛躍的にアップします。さらに、お相手の年齢を妥協することができれば、年収(収入面)についても解決することができます。

日本は今現在も年功序列の企業が多く、年齢と共に給料が増加していきますので、年齢条件を変えることで希望する年収のお相手と出会うことができるのです。

結局、何を妥協すればいいの?

もしあなたが、何を妥協すればいいのかわからないというなら、まずは年齢の幅を広げることを最優先に考えることが重要です。逆に、希望年齢を狭くすればするほど、条件に合ったお相手の人数が少なくなっていきますので、結果的にお相手を見つけることができなくなるのです。

特に女性は、いつまでも同年代だけを希望していると、無駄に時間だけが過ぎていくことになりますので、女性は30歳を過ぎたら「自分の年齢+10歳」、あるいは「自分の年齢+15歳」も対象にしないと、一生独身で過ごす可能性が非常に高くなります。

本気で結婚したいと思うなら、今現在あなたが結婚できていない1番の原因が「お相手の年齢を妥協することができていないから」ということを、改めて考える必要があるでしょう。

無料の結婚力診断!楽天オーネットであなたの結婚レベル・結婚力をチェック

ブライダルネットは本人確認100%!低料金で安心のSNS婚活サービス

楽天オーネット

ユーブライド

ゼクシィ縁結び

サブコンテンツ

このページの先頭へ